雨が。

自己満足会場はこちらになります。

スポンサーサイト

Posted by Meda on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見られるなら見た方が良い

Posted by Meda on   0 comments   0 trackback

おはようございます。気持ちのいい夜ですね。めだです。

管理画面に福沢諭吉がいらっしゃいますよ。めっちゃ1万円降ってきててウケる。

どうやら借金の広告みたいですが俺が将来多重債務者になることを見越してるんですかね。名誉棄損です。訴えます。嘘ですけど。

さてさて夜空は分厚い雲に覆われてますが皆さんはいかがお過ごしですかな?私は普通です。少しダメかもしれません。いやめっちゃダメ。

暗い夜と言えばホラーですね。昼でもホラー見たっていいじゃないか。クソリプやめてください。

この前AmazonPrime会員特典の映画の中にあったNo Sleepという映画を見ました。

短編ホラーがオムニバス形式で詰め込まれている映画なのですが僕のような『頭を使うのも面倒で長い話は盛り上がるシーンまで待てない』という怠慢糞雑魚野郎には最適でした。

先に述べたように怠慢な人間なので短くて面白さが凝縮された短編ホラーが好みなんですよね。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんがこちらは有名なlights outという作品です。発想の面白さに(かどうかはわかりません)映画化まで果たしました。ホラーが苦手なキッズは絶対に見ないでください。寝られなくなります。


こんな具合に短い尺の中に要素を詰め込んだものがショートフィルムというものですね。

基本的に海外制作もので日本語字幕等はありませんが英語がわからなくても楽しめるよう作られています。恐怖の演出に言葉の壁なんてものは無いということの現れですね。怖いものは怖い。

尺の短さ故パターンが定型化したりして世間的にクソと評価されるものも少なくありません。(僕はそういうのも好きです。怠惰なのでコンテンツであれば大概面白い。)

逆にその尺の短さゆえに映画化まで果たすようなアイデアまで潜んでいるんですね。It FollowsやTHERE ARE MONSTERS(邦題:スナッチャーズフィーバー)が割と有名どころでしょうか。ItFollowsの短編はよくわかんなかったけどTHERE ARE MONSTERSは10分と長めだけどめっちゃ不気味です。よくわからなかったら映画の日本予告版見たらすっきりするかも。


そんな様々な魅力と混沌と不条理さを孕んだホラーショートフィルムからおすすめのものを一つ紹介。



2AMという作品です。見ていただければわかると思いますが”リアルに起こりそう”なんですよね。

ここまでのものではないにしろこの手の不審者に会ったことのある方は少なくはないんじゃないでしょうか。そういった意味で身近であり得そうな分ものすごく不気味。こわいこわい。

lights outや2AMといった映画の中だけで終わらずに日常生活に浸食してくるホラーはやはり面白い。映画を見終わった後もそれが実際に起こりうるかもしれないという感覚に襲われるのがホラー映画の醍醐味の一つだと思っていますがいかがでしょうか。

というわけでショートフィルムの紹介はこの辺にしましょう。

実はまだ本題に入っていなくて今日はこれだけ書こうと思ったのに推敲のない駄文をいつものクオリティで繰り広げてしまい申し訳ない限りですね。申し訳なくないかもしれん。

では本文です。

アコースティックなんちゃらの曲探しが始まりなんとなく数が絞られてきました。これ本当にアコースティックなんちゃらⅡ募集かけることになるかもしれません。いやだなぁ。

それではノシ


スポンサーサイト

僕の脳裏に焼き付いてはなれないもの

Posted by Meda on   0 comments   0 trackback

それは

広告なんて出ていない

Posted by Meda on   0 comments   0 trackback

いいね?

jebfes 2016

Posted by Meda on   0 comments   0 trackback


クリスマスも終わり世間の年末年始ムードも最高潮ですね。ダブステップで言えばサビ前のドゥンドゥンドゥドゥドゥドゥ………みたいなところだと思う。
どうもめだです。
記憶がいい感じにほぐれて脳が鼻から出てきてしまう前にjebfesのレポートを書いておきます。

いつも通り散文。自分の記憶の引き出し拡張キット程度に書いてるので読みにくいと思いますのでご注意を。

Android端末でWebカメラを使う方法

Posted by Meda on   2 comments   0 trackback

これはペン回し Advent Calendar 2016の記事です。

どうもMedaと申します。

急ではありますが今回自身の生活に必要なものを買おうとしていたところ偶然それがこの結果につながったためペン回し Advent Calendar 2016に参加させていただくことにしました。

タイトル通りAndroid端末にてWebカメラを使用する方法について書いていきたいと思います。

端子とアプリの関係上iPhoneもといiOSでは出来ない方法ですのでご理解を。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。