雨が。

自己満足会場はこちらになります。

不知火mod(二代目自作G3)

Posted by Meda on   0 comments   0 trackback

要望があったので不知火modの作り方を載せておきます


ちなみに一代目自作G3はピンクと水色の方ですが重心調整がシビアすぎるうえ、いろいろ手間がかかるので非公開です


作り方の前に一つ


このペンに使われてる素材は端材入れから漁ってそのまま使って作ったものであり現在解体できない状況にあるためキャップ内グリップ等の正確な長さがわかりません


なので一応キャップの外側から測った長さを載せておきますがもしかしたら違うかもしれません


また、キャップ内チップに至っては何を使っているのかはうろ覚えです


外から僅かに見えるフォルムや記憶の中ではHGRチップなのでそう書きますがもしかしたら本家と異なるかもしれません


それでは書いていきます




必要なもの

・G3
・キャップが長い色付きタイプのハイテック
・シグノ
・ハパジェル
・赤飯G3とかで使うフリクション
・HGR
・エニボ2ブロックx2


ペン先側

1.G3のグリップを取り凹凸を削る(かなり削らないと後々手を痛めることになります)

2.ハイテクキャップのクリップみたいな凹凸を削り取る

3.シグノチップの平らな部分にセロテープを数周巻き、ハイテクキャップの先端にはめる
  このときキャップを落としてもシグノチップが外れないようにしておく

4.G3のグリップがあった場所にインサ(ねじ山を埋めるよりも少し出るくらいの高さ)を巻き3のキャップを被せる
  はまらない場合は巻き数を変える。ここで苦労するのでG3の凹凸カットはしっかりと


ペン先完成


ペン尻側

1.フリクションの消しゴム部分を取り、G3のキャップ内ゴムを突起が見えるようにはめ込む

2.丸まってる方から3cmくらいに切ったハパジェルグリップの丸まってる側からHGR(20%位の確率でハイテク)チップを
  1.2cmくらい押し込む この時、横から見て丸まってる側からチップが出る感じ

3.2をキャップの中に押し込む この時チップがずれないようにチップが奥に当たるまで慎重に押し込んでください
  ちなみに一度入れたら取れないと思っておいてください

4.G3のペン尻にセロテープを一周ほど巻き、3を接合する セロテープを巻かないとキャップがガタガタする場合がありま  す

5.フリクションキャップにエニボを2ブロックずつつける キャップの内側にいい感じの凸があるのでそこに合わせる


完成

  

何か質問があればお気軽にどうぞ

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://medapenspinning.blog.fc2.com/tb.php/28-3105408f