雨が。

自己満足会場はこちらになります。

モネ展

Posted by Meda on   0 comments   0 trackback


上野の東京都美術館で開催されているモネ展に行ってきました。

元々西洋美術に興味があるわけでもモネに興味があるわけでもありません。

しかし以前、僕が興味を惹かれるマグリットという芸術家の個展が国立美術館で開催されていて足を運んだ際、美術個展の面白さは絵だけじゃないことに朧気ながらも気づいたので再び「個展」というものに足を運んでみました。


一度結構な文章を書いたのですがイマイチ面白さを伝えられなかったので簡潔に書きます。

美術個展は本のようなものだと思います。いわば「○○の一生」みたいな系統の本。

そのような本は筆者が生涯で得た問いと答えを学べるものだと思いますがまさに個展もそうでしょう。

絵の合間、要所要所に解説が挟まれており、その文章と共に絵を辿る。文量は少なめなので本を読むより楽です。

絵に関しての知識もモネに関しての知識も持ち合わせておりませんでしたが、それでもその解説がモネの人物像と絵を教えてくれます。

特殊な知識なんて必要ないんです。そんなに敷居は高くない。

人の一生から学ぶ。とても有意義ではないでしょうか。

皆さんも是非足を運んでみてください。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://medapenspinning.blog.fc2.com/tb.php/81-93867513